普通充電器・充放電器(V2H)について

普通充電器・充放電器(V2H)の種類

普通充電器は大別して、「コンセントタイプ」「充電ケーブル付」があります。

コンセントタイプ
充電ケーブル付
イメージ 車載の充電ケーブルセットを使って充電します。
電源プラグを充電コンセントに、
充電用コネクタを車両の充電口に接続します。
イメージ 充電器に充電ケーブルが付属しており、
充電用コネクタを車にさしこむだけで充電が
できます。
 
充放電器(V2H:Vehicle to Home)
 
イメージ 充電ケーブルを車にさしこむだけで充電が
できます。また、電気自動車にためた電気を
ご家庭や施設内で利用する事ができます。
 

 

コンセントタイプ
電気自動車の充電には、専用の「充電用コンセント」を使用します。
電気自動車の充電中、プラグが抜けないようロックがかかる構造となっており、操作性にも優れています。
コンセントはプラグとともに、一般社団法人日本配線システム工業会(JWDS-0033)で規格化されています。
プラグイメージ 接続イメージ
■製品例
充電用コンセント
イメージ写真
充電用コンセント盤
イメージ写真
充電用コンセントスタンド
イメージ写真
日本配線システム工業会規格
JWDS-0033 に準拠した
充電コンセント。
壁に取付けて使用します。
充電用コンセントを小型の
キャビネットに収容し、
壁に取付けて使用します。
充電用コンセントを
キャビネットに収容し、
自立させて使用します。
コンセントタイプの製品一覧へ
充電ケーブル付
充電器本体に「充電ケーブル」が搭載しており、充電用コネクタを車両の充電口に接続するだけで
充電ができます。
車両から充電ケーブルを取り出す手間が省け、利便性に優れています。
充電器には制御回路を有しています。
プラグイメージ 接続イメージ
■製品例
壁面取付タイプ
イメージ写真
スタンドタイプ
イメージ写真
スタンドタイプ(高機能)
イメージ写真
充電ケーブル付きの充電器。
壁に取付けて使用します。
充電ケーブル付きの充電器。
自立させて使用します。
充電ケーブル付きの充電器。
認証・外部通信機能などの
付加機能を有したものです。
充電ケーブル付の製品一覧へ
充放電器(V2H:Vehicle to Home)
充放電器本体に「充放電ケーブル」を搭載しており、充放電用コネクタを車両の充放電口に接続することで、車両への充電および車両からの放電ができます。電動車両の蓄電・発電能力を活用することで、電力需要のピークシフト/カットや災害時等の非常用電源としての活用が期待されています。充放電器は車両からの出力形態や系統連系の有無等により様々なユースケースが存在しますが、EVPOSSAはガイドラインで下記6つのカテゴリを定義しています。

【充放電器のカテゴリ】
カテゴリ 概 要
0(V2L) 充放電器のコンセント電力供給
1(V2H) 屋内の自立専用コンセントへ電力供給
2(V2H)

屋内配線への電力供給を電力系統と電気自動車で切り替える

3(V2H) 電力系統と連系して屋内配線への電力を供給(逆潮流なし)
4(V2H) 電力系統と連系して屋内配線への電力を供給(逆潮流あり)
5(V2G) 車両が電力系統直接接続される
■製品例  
V2H:Viecle to Home
イメージ写真
接続イメージ
充電ケーブル付の製品一覧へ